Topics

フォーカス

「日本一美味しい市販酒」が決まる!
SAKE COMPETITION 2015の結果発表! 2015.09.15

今年で4回目を迎えた「SAKE COMPETITION」。SAKE COMPETITIONとは一体どの様なコンテストなのでしょうか?昨日9月14日に発表されたSAKE COMPETITION 2015の結果と共にご紹介します。

Sake Competition_2
プレゼンターを務めた和久井映見さんと中田英寿さん (画像出典: cyclestyle.net)


SAKE COMPETITIONとは

SAKE COMPETITIONは国内最大級の日本酒のブラインド利き酒コンテストです。主催者が「日本一美味しい市販酒が決まるきき酒イベント」と銘を打つこのコンテストは、美味しい日本酒の分かりやすい選択基準を消費者に提供することを目的に設立されました。大きな特徴としては、以下の3つが挙げられます。

1. 市販酒のみにフォーカス
最も有名な日本酒の鑑評会と言えば、全国新酒鑑評会。全国新酒鑑評会の金賞に輝いたお酒を飲もうとしても、一般的な酒屋では売られていないことをご存知でしたか?これは同じ銘柄でも、出品用に醸されたお酒と流通用のお酒は異なるからです。
この様に多くの品評会・鑑評会は出品することを目的に醸された出品酒を使って行われるのに対し、SAKE COMPETITIONは一般の消費者でも手に入れることができる市販酒を使って行われます。つまりSAKE COMPETITIONの結果は、実際に居酒屋や酒屋に足を運んだ時に簡単に活用できる判断基準と言うことです。

2. 「出品酒世界最多」
SAKE COMPETITIONの出品酒は世界最多であると謳われています。これは、美味しい日本酒の分かりやすい選択基準を提供するために、「日本に流通しているできるだけ多くの日本酒を集め、同じ人間が一斉に評価をする必要」があると言う主催者の考えを反映させています。
ちなみに今年のSAKE COMPETITIONへの出品は1028点でしたが、同じく民間主催の利き酒コンテストであるInternational Wine Challenge Sake部門への出品は876点でした。

3. 順位付け
多くの品評会・鑑評会が金賞受賞酒、銀賞受賞酒などのカテゴリー分けに留まるのに対し、SAKE COMPETITIONは順位付けを行います。酒屋に金賞受賞と謳った銘柄が数点並んでいると、どれを選べば良いのか分かり難くなってしまいますよね。SAKE COMPETITIONが順位を発表するのは、消費者にとっての実用性をより高めるためです。
今年のSAKE COMPETITIONは、純米酒部門、純米吟醸部門、純米大吟醸部門、そしてFree style部門の4部門で競われ、各部門の上位10位にGOLD賞 (Free style部門のみ上位3位) 、そしてGOLD以下の上位10%にSILVER賞が与えられました。


結果発表

今年の総出品数1028点のうち約半数の533点が予審を通過し、その533点から結果が発表されました。各部門の上位10位をご紹介します。

Sake Competition_1
表彰式の模様 (画像出典: cyclestyle.net)

純米酒部門 (予審通過数157点 / 出品数320点)
1位     磯自慢 特別純米 雄町 (磯自慢酒造)
2位     作 穂乃智 純米酒 (清水清三郎商店)
3位     新政 ラピス 純米酒 (新政酒造)
4位     作 玄乃智 純米酒 (清水清三郎商店)
5位     寫樂 純米酒 (宮泉銘醸)
6位     京ひな 特別純米 深山 夏限定 (酒六酒造)
7位     伯楽星 特別純米 (新澤醸造店)
8位     橘屋 特別純米酒 ひとめぼれ (川敬商店)
9位     あたごのまつ 特別純米 (新澤醸造店)
10位   あたごのまつ 特別純米 ひやおろし (新澤醸造店)

純米吟醸部門 (予審通過数184点 / 出品数347点)
1位     勝山 純米吟醸 献 (勝山酒造)
2位     紀ノ酒 純米吟醸 生貯蔵酒 (髙垣酒造)
3位     御慶事 純米吟醸 (青木酒造)
4位     作 雅乃智 純米吟醸 (清水清三郎商店)
5位     磯自慢 純米吟醸 (磯自慢酒造)
6位     名倉山 善き哉 純米吟醸 (名倉山酒造)
7位     六十餘洲 山田錦 純米吟醸 (今里酒造)
8位     寫樂 純米吟醸 播州愛山 (宮泉銘醸)
9位     東洋美人 純米吟醸 (澄川酒造場)
10位   あたごのまつ 限定純米吟醸 ひやおろし (新澤醸造店)

純米大吟醸部門 (予審通過数132点 / 出品数261点)
1位     会津中将 純米大吟醸 特醸酒 (鶴乃江酒造)
2位     東洋美人 壱番纏 純米大吟醸 (澄川酒造場)
3位     十四代 純米大吟醸 七垂二十貫 (高木酒造)
4位     十四代 龍月 純米大吟醸 (高木酒造)
5位     東洋美人 純米大吟醸 (澄川酒造場)
6位     七賢 大中屋 純米大吟醸 (山梨銘醸)
7位     五橋 純米大吟醸 (酒井酒造)
8位     會津ほまれ 播州産山田錦仕込 純米大吟醸 (ほまれ酒造)
9位     幸姫 純米大吟醸 雫しぼり (幸姫酒造)
10位   一白水成 純米大吟醸 (福禄寿酒造)

Free style部門 (予審通過数60点 / 出品数100点)
1位     五橋 極味伝心 生もと木桶造り 純米大吟醸 (酒井酒造)
2位     東洋美人 山廃吟醸 (澄川酒造場)
3位     浦霞 山廃純米吟醸 ひらの (佐浦)
4位     東洋美人 山廃純米吟醸 (澄川酒造場)
5位     飛良泉 山廃純米 マル飛 No.15 (飛良泉本舗)
6位     山形正宗 純米大吟醸 出羽燦々 生もと (水戸部酒造)
7位     國権 山廃純米酒 (国権酒造)
8位     U.Yoshidagura.Yamahai Junmai 低アル山廃純米原酒 (吉田酒造店)
9位     太平山 生酛 純米大吟醸 游神 (小玉醸造)
10位   飛良泉 山廃純米 マル飛 No.24 (飛良泉本舗)