Topics

インタビュー

酒造インタビュー#1
橘倉酒造・井出さん 2015.07.01

酒造インタビューの第一弾は、日本酒を飲みなれていない人たちでも楽しめる新感覚のスパークリング日本酒・『たまゆら』の醸造や、フレンチとのペアリング・ディナーなどの様々な活動を通して日本酒の新たなファン層を開拓している橘倉酒造・取締役の井出平さん。

KITSU-INT1

他と一線を画すスパークリング日本酒


—— 日本酒初心者への切り口としてスパークリング日本酒が最近注目を集めていますが、ずばりスパークリング日本酒の魅力とは何だと思いますか?

スパークリング日本酒の魅力はやはり飲みやすさですね。日本酒が苦手だと思っている人への導入口としての役割が非常に大きいと思います。スパークリング日本酒は低アルコールタイプが多いので気軽に楽しんでもらえるジャンルだと思います。その中で、『たまゆら』は酸が強く、アルコールも少し強い、ちょっとドライなタイプになります。私的には『たまゆら』は多くの料理に良く合う万能酒だと思っています。

—— 『たまゆら』の品質に辿りつくまでの道のりはどういうものだったのですか?

『たまゆら』完成までは長い道のりでしたね。スパークリング日本酒の火付け役としても有名な『すず音』を製造されている一ノ蔵さんに協力していただきながら開発しました。ただ、単純に見様見真似で造るのではなく、『すず音』と違う色を見せたいと思いました。そこで、アルコール度数が一般的なスパークリング日本酒より若干高く、そして甘酸っぱいタイプの『たまゆら』を完成させました。橘倉酒造としてはそこで差別化していかないと、既存のスパークリング日本酒は超えられないと思っていました。

—— 日本酒を今まであまり口にしてこなかった人へ向けて、日本酒を楽しむためのアドバイスはありますか?

色々な答えがあると思いますが、私としては工場で機械により大量に作られたような安いお酒ではなく、蔵元が丹精込めて造ったいわゆる地酒を飲んでいただきたい。過去には安いお酒を沢山飲まれお酒が翌日に残り、嫌な思いをして日本酒を飲まなくなってしまった人は大勢いると思います。もちろん地酒も飲む量によっては翌日に残りますが、安いお酒ほど残ることはありません。それに加えて、二日酔いにならないためにも飲んだお酒と同じ量のお水を飲むことをおすすめしています。いわゆる和らぎ水キャンペーンですね。

KITSU-INT2

世界で通用するようなこだわりを持った酒造になりたい


—— 和食以外の料理と日本酒のペアリングは、どのように考えていますか?

和食は日本酒、フレンチはワイン。こういう概念は取っ払えるものだと思っています。そして取っ払わなくてはいけないのだと。お刺身にワインが合うかの判断は人それぞれですけど、まずはそのように固定観念を打ち破ることが必要なのだと思います。イタリアンに日本酒もありだし、中華でも焼肉でも合うと思います。日本酒の素晴らしいところは、料理を引き立てる脇役的な要素が強いからこそ、色々な料理と合わせても必ず光るちょっとしたポジションがあることです。

—— 20年後、30年後の橘倉酒造と日本酒業界はどのようになっていると思いますか?

我々のような小さな蔵元は地域に根ざした日本酒造りを目指しているのですが、どうしてもこの先、弱肉強食の時代がくると思います。今の酒造の数はまだまだ多い。

生き残るためにも、引き続き価値のあるものを造っていかなくてはいけません。よりポリシーの強い蔵にならないとダメだと思います。例えば、純米酒オンリーとか、地元のお米だけで造るとか。こだわりをつくり、そのこだわりを上手く消費者に伝えていくことがこれからの課題だと思っています。

もちろん日本酒が世界で広がれば、そこには新たなチャンスがあると思います。ですが、現時点で世界に出られる力を持った蔵はほんのごくわずか。将来的に世界に羽ばたける蔵になるためにもこだわりが必要だと思っています。今後は世界をしっかりと意識していかないといけないですね。

—— 井出さんが思い描く理想の日本酒像・酒造像は何ですか?

日本酒造りはある種、日本文化の継承でもあると思いながら日本酒作りに携わっています。長い歴史があるからというわけではありません。日本酒は日本文化の中心に常にあったお米を使っているので、日本の風土に最適なアルコールという形で発展を成し遂げてきたものだと思っているからです。日本酒離れがいくら続いているとはいえ、日本人のDNAにはお米が組み込まれているので、それをくすぐる日本酒を造れたら嬉しいです。

そして、日本酒の発酵は麹菌と酵母菌のハーモニーなので、工場製品ではなく、自然にゆだねたものだということをより多くの人に知ってもらいたいです。


橘倉酒造     —  故・高倉健さんが愛してやまなかった酒。—