Topics

イベント

ARGO x 橘倉酒造
フレンチと日本酒のペアリングディナーレポート 2015.07.01

Gonomeeの運営会社であるスリー・ボックスは、6月5日にフレンチレストラン ARGOで行われた日本酒とのペアリングディナーをプロデュースしました。ARGOでシェフを務めるのは、フランスの名だたる三ツ星レストランで研鑽を積んだ山下敦司さん。和の要素をとりいれたその独創的なフランス料理は常に注目を集めています。そして今回、山下シェフが自身の料理とペアリングさせてみたいと選んだのは長野県佐久市にある橘倉酒造の日本酒。取締役の井出平さんがお酒と蔵のこだわりを説明するために参加してくれました。

それでは、当日の様子をレポートします。


エントランスからフロアーへとつながるホールには、菊秀の木樽やのれんなどが飾られました。

ARGO-1

レストランからは、銀座や丸の内、そして東京スカイツリーまでも一望できます。

ARGO-2

各席には4種類の異なるグラスがセットされました。これは4種類の日本酒それぞれの個性を最大限に引き出すためです。

ARGO-3

料理は全て長野県産の食材を用い、この日のために山下シェフが考案したものです。

ARGO-4

『アミューズ』 x 『たまゆら スパークリング』

井出さんの挨拶後、まずはアペリティフとしてシャンパングラスに注がれた『たまゆら スパークリング』で乾杯。『たまゆら』の甘酸っぱく、爽やかな香味が心地よく食欲を掻き立てます。合わせるのは7種類のアミューズです。

上から時計回りに『カレー風味のコロッケ』、『ハイビスカスのクリームチーズ』、『鯖のスモークのリエット』、『ごぼうとチョリソーのピンチョス』、『オクラ、ジュンサイ、青パパイヤのライム風味のコンソメゼリー仕立て』、『たことトマトのマリネ』、『トマトとオレガノのクッキー』。

ARGO-5

『信州サーモンとそば粉のブリニのコンポジション、パッションフルーツのムースに共に』 x 『菊秀 大吟醸 蔵』

続いては、黒く染まった皿を彩るアートのように色鮮やかで美しい一品。パッションフルーツの柑橘系の香りと『菊秀 大吟醸 蔵』のキウイを想わせる香りがお互いを引き立てながら、サーモンに爽やかな印象を与えています。

ARGO-6

『信濃雪鱒のポワレ、セージ風味のレモンソース』 x 『無尽蔵 夏吟醸』

この日の食材の中での山下シェフの一押しが信濃雪鱈。昔フランスで修行していた時に食べた魚の味に非常に似ているらしく、このイベントに備えて信濃雪鱈を口にするまでは、日本では出会えていなかった味だそうです。『無尽蔵 夏吟醸』の自然な甘味が信濃雪鱈をやさしく包み込み、よりまろやかな味わいにしています。

ARGO-7

『鴨胸肉の炭火焼 信州安曇野産山葵とジャガイモのムース、そば粉と竹炭のチュイル添え』 x 『菊秀 5年古酒』

メインの鴨の炭火焼と合わせるのが、非売品の限定商品である『菊秀 5年古酒』。熟成酒から漂う独特なスモーキーな香りが、炭で焼かれた鴨の風味と口の中で絶妙に織り重なります。

ARGO-8

『甘酒のジュレと桃のソルベ、酒粕のフィナンシェ添え』

井出さん自ら仕込んだ甘酒をジュレにして、桃のソルベと合わせたデザートはまさに圧巻。この甘酒、サッカー日本代表のキャプテンである長谷部選手もお気に入りの逸品です。

ARGO-9

ARGOがぐるナイのゴチになりますの舞台となった時に出演したマネージャーの米田隆信さんが、最適なタイミングで空いたグラスにお酒を注いでくれます。

ARGO-10

今回の好評ぶりから、ARGOでは引き続き橘倉酒造の日本酒が楽しめることになったので、ぜひ山下シェフのフレンチとのペアリングをお試しください!

山下シェフ、橘倉酒造の井出さん、どうもお疲れ様でした!

ARGO-11


フレンチレストラン ARGO

麹町半蔵門前の天空に浮かぶ『ARGO(アルゴ)』は、銀座・丸の内のきらびやかな夜景を望む開放的な空間でそんな上質なひとときをお過ごしいただけるフレンチレストランです。お贈りするのは、フランスの名だたる三ツ星レストランで研鑽を積んだ山下敦司シェフの独創的なフランス料理。和の要素をとりいれたサプライズ感あふれるコース料理で、お皿の上に、研ぎ澄まされたアートのような美を描くシェフの類まれなる感性と、驚くほど軽やかで、繊細で、それでいて食材の滋味がゆっくりと広がるようなフレンチならではの奥深い味わいをご堪能いただけます。親しい方と、美味しい食事と素敵な会話を楽しむときにいつでもお立ち寄りいただけるレストランであるように・・・ 。スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

住所: 〒102-8525 東京都千代田区麹町1-12 ONE FOUR TWO by Tojo 9F
電話番号: 03-3265-5504
URL: www.tojo.co.jp/argo


橘倉酒造     —  故・高倉健さんが愛してやまなかった酒。—