Topics

アカデミー

日本酒の歴史にまつわる豆知識 2015.07.01

HISTORY-1

日本酒造りは約2,000年前に始まったと言われています。当初は若い女性が米を噛んでデンプンを糖化させ、野生の酵母で自然にアルコール発酵をさせていたそうです。口噛み酒として知られていますが、人間の知恵を感じさせますよね。

当然のことながら、日本酒製造業は国内において最も長い歴史をもつ業種の一つです。日本最古の企業は飛鳥時代の西暦578年に設立された社寺建築の金剛組ですが、最古の酒造は西暦1141年に設立された須藤本家で、実に約900年の歴史を誇ります。

HISTORY-2

日本酒を初めて飲んだ外国人は、あのフランシスコ・ザビエルであると言われています。西暦1549年にキリスト教を初めて日本に伝えるべく来日した彼は、「日本人の主食は米だ。この米から酒をつくる。」と記しています。最古の酒造である須藤本家は、ザビエルが来日した時には既に400年以上の歴史があったということになり、設立以来積み重ねてきた年数にはただただ驚くばかりです。余談ですが、ザビエルは実は美男であったと言われています。

Gonomeeが現在取り扱っている各酒造の創業年は以下の通りです。

HISTORY-3

歴史の重みを感じながら、新旧酒造の比べ飲みはいかがですか?