宗政酒造

  • 杜氏の大古場さん(左)と専務の山崎さん(右)

  • 麹室

  • 蔵の内観

  • 蔵の玄関

創業
1985年
社長
中谷 正紀 さん
杜氏
大古場 博文 さん
住所
佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙340番地28
URL
www.nonnoko.com
有田焼の酒器で飲んで一番美味しい、地元に愛される酒。

有田焼発祥の地として知られ、多様な文化資源に恵まれた有田町に蔵を構える宗政酒造は、酒と食と器、三位一体の文化発信を行っています。酒造がある有田ポーセリンパークの敷地内には、有田焼の工房と展示場や、ありたどりなどの地元の食材を堪能できるレストランなどがあり、まさしく有田の名産品に触れ合える空間になっています。また、同敷地内には映画「黒執事」のロケ地にもなった豪壮な宮殿とバロック庭園もあるので、家族連れにもオススメの観光スポットです。

平成元年に日本酒造りをスタートさせて以来、宗政酒造は手造りにこだわった本物の酒造りを追求し続けています。今は機械を使う酒造が多くなった洗米の作業一つをとっても、より良い蒸米を作るために手作業で行っています。

実は佐賀県は全国でも有数の農業大国。高齢化が進む地域農業に貢献するためにも、原料は地元産にこだわっています。また、仕込み水には名水100選にも選ばれた竜門の清水系の軟水を用いています。

そんな宗政酒造が醸す酒は、旨口で酸味がしっかりとした味わいが特徴です。
<
>