菊池酒造

  • 蔵元杜氏の菊池さん

  • 数々の賞状

  • 蔵の内観

  • 蔵の看板

創業
1878年
社長
菊池 東 さん
杜氏
菊池 東 さん
住所
岡山県倉敷市玉島阿賀崎1212
URL
www.kikuchishuzo.co.jp
モーツアルトが流れる優雅な空間で醸される酒。

岡山県は晴れの国として知られるほど自然環境が豊かな地で、米づくりをはじめとする農業が盛んです。菊池酒造は岡山三大河川の一つである高梁川の流域で、江戸時代に商港として栄えた備中玉島港町の問屋街の一角にあります。そう、まさしく酒造りの原料となる米と水に恵まれた土地にあるのです。

酒造りを司る蔵元杜氏の菊池さんは、自ら設立した倉敷管弦楽団で常任指揮者を務める音楽家でもあり、酒造りの期間中、蔵の中にはモーツアルトの音楽が響き渡ります。モットーは、「伝統を育み、未来に伝えるこだわりの美酒づくり」。自らの手ということにこだわり、菊池さんの目の届く範囲でのきめ細やかな酒造りを行っています。

代表銘柄である『燦然』は幅のあるなめらかな旨さとキレの良さが特徴で、その銘柄名には数ある日本酒の中で一段と輝く素晴らしい酒であるようにという想いが込められています。

『木村式 奇跡のお酒』は阿部サダヲさん主演で映画化された「奇跡のリンゴ」で知られる、木村秋則さんの指導のもとで育てた自然栽培米のみを用いて醸された酒です。
<
>