大七酒造

  • 杜氏の佐藤さん

  • 櫂入れの作業

  • 蔵の内観

  • 蔵の外観

創業
1752年
社長
太田 英晴 さん
杜氏
佐藤 孝信 さん
住所
福島県二本松市竹田1-66
URL
www.daishichi.com
大七酒造といえば生もと酒。
生もと酒といえば大七酒造。

静かな町並みの福島県二本松にそびえ立つ、壮大なレンガ造りの大七酒造。その外観からは、世界を見据えた酒造のスケール感が伝わってきます。追い求めるのは醸造酒の普遍的な価値。それは、味わい深さ、力強さと洗練との両立、そして時間によって成長し、人の手と叡智を結集した酒であること。その答えとしてたどり着いたのが全量生もと造りです。

生もと造りとは江戸時代に始まった自然の乳酸菌の働きを利用した醸造法で、通常の二倍以上の手間ひまがかかると言われています。大七酒造は「生もと造りは亀」と捉え、酒の個性を慈しみ、じっくりと酒の行く末を見守りながら生もと造りを行っています。

また、大七酒造は良質な米のポテンシャルを最大限引き出すために超扁平精米技術を開発しました。細長い米粒を丸く削る従来の方法ではなく、米の表面から等厚に削ることで、雑味成分の除去比率を飛躍的に向上させました。

伝統的な醸造法と緻密に削られた米で醸される酒は濃醇なコクとキレが特徴です。
<
>