秋田酒造

  • 社長の野本さん

  • 釜場から煙突へと繋がる天井

  • 麹室

  • 蔵の看板を兼ねた灯り

創業
1908年
社長
野本 翔 さん
杜氏
加藤 貢 さん
住所
秋田県秋田市新屋元町23-28
URL
www.akitabare.jp
酔、楽天。東北の野球ファンに愛される酒。

秋田酒造は秋田地酒の発祥の地として知られる秋田市新屋町にあります。杜氏である加藤さんがモットーに掲げるのが「和釀」(わじょう)。良い人間関係から良い酒が生まれるという意味を持ちます。

秋田酒造は水と米に強いこだわりを持っています。酒造りに最適な水質を求め、元々優良な天然水を水質プラントに通し、酒造りの外敵である鉄やマンガン、塩素を徹底的に取り除いています。米は秋田県産の秋田酒こまちと吟の精を多くの主軸商品に用いています。なんとこの秋田県産米の二品種は、先々代の蔵元が秋田県酒造組合の技術委員長を務めていた節に開発に携わった、酒造にとって馴染み深い酒米なのです。

主力銘柄の『酔楽天』は、過去の大吟醸ブームと共に世に広まり、長い年月をかけて進化を遂げてきました。今では秋田酒造といえば大吟醸というイメージが浸透し、大吟醸酒の生産が全体の三割を占めるほど、大吟醸造りに情熱を注いでいます。そんな『酔楽天』は、フルーティーな香りと米の品種の個性をしっかりと表現した味わいが特徴です。その銘柄名から東北の野球ファンに愛され、勝利の祝い酒として飲まれることが多々あるようです。
<
>